天然真鯛お刺身

日本海の荒海に鍛えられた新鮮な《天然真鯛 一尾》

今週は超贅沢しちゃったんですよ!
ちょうど結婚記念日もあったことだし、こんな贅沢週間で幸せ~~でした♪

どんな贅沢かというと、ででんと届いたのは

越後村上うおや
日本海の荒海に鍛えられた新鮮な《天然真鯛 一尾

天然真鯛 一尾
天然真鯛 一尾

た~~っぷり!
調理法は以下のタイプで選べます。

○そのまま(下調理なし)
○身はお刺身か切り身で塩焼き用に
○頭は兜煮か又は二つ割りにして

私は「身は刺身」「頭は二つ割り」の指定にしました。
それだけの指定だったから、身と頭だけかな~?と思ってたら、ちゃんとあらも入っていました!
しかも捌いたときに出た皮と白子?まで入っていて、ちゃんと「丸々一尾」分届きましたよ!!嬉しい!

あらはこんな感じ~

天然真鯛
天然真鯛は「身は刺身」「頭は二つ割り」の指定にしました

ぎょっと(魚だけに)するかもしれませんが、お目目がめっちゃ澄んでいて綺麗です。
新鮮さがうかがえますよね!

さっそくお刺身でいただきました!

天然真鯛お刺身
天然真鯛さっそくお刺身でいただきました!

とにかく新鮮!
新鮮以外の何物でもないです。

丸々一尾のお刺身だから部位によって味が違います。
淡白で身が締まっている部分、脂が程よくのっている部分、
血合いに近いところはやや魚っぽいですが、スーパーのものより臭みが無い。

適度な歯ごたえがあり、ほんのりとした甘さがあって、新鮮さが物を言っているお刺身でした!!

たっぷり過ぎたので、いろいろな食べ方してみましたよ!

カルパッチョに!

天然真鯛カルパッチョ
天然真鯛カルパッチョに!

新鮮なだけあって美味しい。
甘味と締まりが増し、おしゃれな一品になりました。

昆布締めに!

天然真鯛昆布締め
天然真鯛昆布締めに!

初挑戦の昆布締めです。
新鮮なので昆布の色が付きすぎたかな?
これだけ新鮮なら、締める時間は短くてよさそうです。

昆布締めでアレンジ!

真鯛昆布締めでアレンジ
真鯛昆布締めでアレンジ!

昆布締めの昆布を佃煮にして、昆布茶をかけてお茶漬けに!
これ美味しかった~

ここからは「あら」を使っての料理です。

あら汁

天然真鯛あら汁
天然真鯛あら汁

しっかり下処理をしたのもあってか、くさみが無い。
ちょうどいい具合にあらのうま味が汁に溶けだしていました。

鯛のしっぽや皮もダシに使いました。他にいい使い方を知らなかったので・・・
でも、おかげでいいダシになりました~。
たっぷりとあらも入っていたからできた一品ですね!

あら汁でアレンジ!

鯛のあら汁でアレンジ
鯛のあら汁でアレンジ

お刺身とあら汁の残った汁でお茶漬け!
お刺身が半生で、あら汁とマッチしてうまい!

昆布締めのお茶漬けとはまた違った美味しさでした♪

塩焼き

天然真鯛塩焼き
天然真鯛塩焼き

頭ってだけで豪華ですよね(笑)
普通に塩焼き~

煮つけ

鯛の煮つけ
鯛の煮つけ、お目目もとろとろ~~~!

お目目もとろとろ~~~!

丸々一尾ってこんなに料理できるくらいたっぷりなんですね!!
張り切っていろいろと作ってみましたよ♪

実は、私ってお魚苦手で、生の魚は食べないんですよ。
味のない鯛のお刺身は食べられるけど、ちょっとクセのある白身(さよりとか太刀魚)は嫌いだし。血合いに近い部分も、味のない魚だとしても嫌。

だからあらなんてもっての外!って感じだったのですが・・・

本当にこちらの鯛は新鮮でくさみもなく、あらをたっぷり使ったあら汁まで美味しくいただくことができました!!

煮つけは苦手な調理法ということもあり、大部分をT氏に食べてもらったわけですが、いつもよりは確実に食べられた!!

新鮮ってすごい!