「鮭の味噌漬」タグアーカイブ

我が家の大好物の鮭の詰め合わせ

鮭ものがたり
鮭ものがたり

鮭の味噌漬 鮭の焼漬 鮭のかほり漬
鮭の味噌漬 鮭の焼漬 鮭のかほり漬
鮭の酒びたし 塩引き鮭 鮭の醤油はらこ
酒びたし 塩引鮭 いくら醤油漬

我が家で食べる魚はだいたい決まっているのですが、
中でも「鮭」はその割合がかなり高いですね。
塩鮭、生鮭、お刺身…などなど、
朝食・夕食・お弁当問わず食べています。

そんな我が家の大好物の鮭の詰め合わせを
販売しているのが越後村上うおや さんです。
6種類の鮭のセットは、どれも美味しそうなものばかりです。
このセットなら、贈り物や季節のご挨拶にもピッタリですね。
鮭の好きな方なら大喜びしてくれると思います。

箱を1つ1つ開けると中には冷凍の真空パックが入っています。  箱から出してしまえば、冷凍庫に保管しやすいので良いですね。

まずはお酒のおつまみに良さそうな「鮭の酒びたし」から。
噛めば噛むほどに味わい深い、塩味の加減が絶妙です。
お酒だけでなく、ご飯にもよく合いそうだと思いました。
マヨ大好きな夫はお酒をふりかけた上にちょちょいと…
これもまた美味しい食べ方だと思います。

次に、鮭の塩引きです。
焼いて食べるのにちょうど良い塩加減です。
もう少し焼いた方が、もっと皮も
パリパリになったかもしれません。
でも、骨以外は丸ごと食べてしまいましたよ。

次は、一番食べてみたかった鮭の醤油はらこです。

ぷちぷち弾けるような食感と、とろける舌触りがたまりません。
ご飯が何杯でも食べられる気がします。

我が家では雑穀米を主に食べているのですが、
それにも合います。

夫も私も毎日鮭三昧でも良いくらいなので、
しばらくは美味しくて幸せな食卓が楽しめます。

普段スーパーで買って食べている鮭とは全然違う美味しさ。
味噌漬やかほり漬、焼漬も楽しみにいただきます。

本当にうれしいプレゼント、ありがとうございました。

『鮭ものがたり6品Aセット 化粧箱入』♪

 

鮭ものがたり
鮭の醤油はらこ
鮭の醤油はらこ
鮭の焼漬・鮭の味噌漬
鮭の焼漬・鮭の味噌漬
鮭の酒びたし
塩引き鮭・鮭のかほり漬

【鮭のおいしさを満喫!】越後村上の老舗うおやから

鮭製品を詰め合わせ≪鮭ものがたり≫プレゼント♪

というイベントで 越後村上うおや さんの

鮭ものがたり(化粧箱入り6品Aセット) が

厳正なる抽選の結果 見事当選!

《鮭の醤油はらこ》

厳選した最高級の秋鮭の子を醤油と酒で

うおや独自の味付けをした手作り商品

たっぷりと食べてみたかった

ゆっくり味わいながら食べました

やっぱりおいしい~

《鮭の味噌漬け》

厳選した秋鮭(白鮭)を素材に

うおや特製合わせ味噌にじっくり漬け込んだものです

《鮭の焼き漬け》

生鮭を焼いた後すぐにダシ醤油に漬け込んだものです

味噌、醤油味がしっかりとしみ込んで

ご飯がどんどんすすみました

《鮭の酒びたし》

塩引き酒をおよそ半年間、日本海の寒風にさらし、

乾し上げたものを薄くスライスしたもの。

お酒を少々かけて食べました。

お好みによっては生姜やレモン汁を加えても一段と

風味が出ておいしく頂けるそうです。

初めて頂きましたが、焼酎にもぴったり!

我が家では芋焼酎のお湯割りが定番。

さきいかのように、噛めば噛むほど味が出て、

おつまみになり、焼酎をごいごいと

飲んでしまうほどのおいしさでした

《塩引き鮭 切身》

塩引き鮭は選び抜いた秋鮭を

一週間ほど塩漬けにした後、

流氷で塩加減を調整し、皮まで丁寧に磨きあげます。

更に日本海の寒風にさらす村上伝統の製法。

風土が醸し出す名品。

《鮭のかほり漬け》

旬の秋鮭をうおやの特製醤油たれに漬け込みました。

ゆずの香りがほんのり甘く上品で味わい豊かです。

季節のご挨拶など贈り物に最適のお品です

1個ずつ化粧箱も素敵ですし、

真空パックになっていて保存もしやすいです

いろんなお味が楽しめて我が家の食卓も

この鮭ものがたりで華やかになり会話も弾みました

 


鮭のまちで知られる新潟県村上市

 















鮭のまちで知られる、新潟県村上市。村上では多彩な料理法で鮭を頭から

尻尾まで余すとこなく味わい尽くそうで、

鮭の一人当たりの消費量では村上市は

日本一を誇られているのだとか。

そんな村上の地で厳選した日本海の旬の鮮魚と

その素材を生かした手作り製品を販売されているのが、

創業200年の越後村上うおやです。

うおやさんの人気商品で村上名産の

鮭のさまざまなおいしさを楽しめるという

コチラの詰め合わせをいただきました。

箱を開けてみると、村上名産の鮭を使った

6種類の鮭製品が並んでいました。

塩引鮭(2切)、鮭の味噌漬(2切)、

鮭のかほり漬(2切)、鮭の焼漬(2切)、

鮭の醤油はらこ(160g)、鮭の酒びたし(40g)。

★鮭の醤油はらこ(160g)

とくに厳選されたという最上級の秋鮭の子を

うおやさん特製の醤油とお酒で

独自の味付けをされた自慢の逸品なんだそう。

いただいてみると、口の中でプチプチっとはじけ、

その後はなめらかな舌触りに。

水っぽさがまったくなく、1粒1粒に旨みを

ぎゅっと凝縮したような濃厚な味わいでした。

言うまでもありませんが(笑)、

ごはんとの相性も満足感も抜群でした!

★鮭の焼漬(2切)

鮭の焼漬は生鮭を焼いた後、

すぐにうおやさんの特製醤油に漬け込んだ

越後村上に伝わる伝統の郷土料理なんだそう。

そのままでもいただけるとのことですが、

私は温めてからいただきました。

しっかりと醤油に漬け込んであるのですが

鮭の風味が前面に出ており、

鮭の旨みはそのまま、しっとりとした舌触りも印象的でした。

★鮭の味噌漬(2切)

選りすぐりの天然の秋鮭の切り身を素材に

うおやさん特製の合わせ味噌でじっくり漬け込み、

ひとつひとつ丁寧に作り上げられたのだとか。

皮と表面がパリっと焼き上がり、

身は程よく脂がのってしっとり♪

個人的に鮭は塩焼きが好きで味噌漬を

いただくことはほとんどなかったのですが、

今回、まろやかな旨みを楽しめる味噌漬の

おいしさと出会うことができました。

★鮭のかほり漬(2切)

旬の秋鮭をほんのり甘くやさしい風味の

うおやさん特製のたれで漬け込んだもので、

ほのかに漂うゆずの香りがさわやかです。

香りも、風味も、舌触りも上品に仕上がっていました。

★塩引鮭(2切)

選び抜いた秋鮭を一週間ほど塩漬けにした後、

流水で塩加減を調整し、皮まで丁寧に磨きあげられ、

日本海の寒風にさらす村上伝統の製法で作られるそう。

村上の風土が醸し出す名品のようです!

かたすぎず、やわらかすぎない身の締まり方が絶妙です。

塩っ辛くはなく、逆に鮭本来の旨みを

引き立てている感じでした。

★鮭の酒びたし(40g)

塩引き鮭を何と!半年間、日本海の寒風にさらし、

乾し上げたものを薄くスライスしてある

村上地方に伝わる独特の高級珍味なんだそう。

コチラをいただくのははじめてなので、

いただくのが楽しみです♪

お皿に移し、お酒をかけていただくとよいそうですが

私はかぼすを絞っていただきました。

ビーフジャーキーと同じような食感なのですが

口にした次の瞬間、奥行きのある風味が

口の中でじんわりと広がりました。

私は芋焼酎と合わせていただきましたが、

一度口にしたら止められず、即完食!

クセになるおいしさでした♪

鮭がもたらす、さまざまなおいしさを

食べくらべをすることができました。

越後村上ならではの独特な風味に大満足です!

贈り物にも喜ばれそうな詰め合わせだと思いますよ。

 

鮭ものがたり、大切な方への贈り物にもぴったりです

 





















♪モニター商品:『鮭ものがたり6品セット』♪


越後村上の老舗「うおや」さまから
「鮭ものがたり」(税込5,500円)をいただきました

高級感のある立派な化粧箱に入っているので
大切な方への贈り物にもぴったりです

越後村上「うおや」は、
創業二百年を誇る鮭加工品&魚介販売の老舗。

おいしい鮭として全国的に知られる
新潟県村上市の鮭をはじめ、厳選した最高の素材を使用し

昔ながらの伝統製法を用いてひとつひとつ
心を込め作りあげているんですって

今回ゆーちるがいただいたのは、
うおや伝統の味・鮭6品詰め合わせ
「鮭ものがたり」(化粧箱入り6品Aセット)

食べたことのない珍しい味付けのものも入っていたので、
どんなお味がするのかとっても楽しみにしておりました(
´艸`)

冷凍されているのでストックしておけるところも
うれしいポイントです

こちらは「塩引鮭」(2切)

選び抜いた秋鮭を一週間ほど塩漬けにしたあと、
流水で塩加減を調整して皮まで丁寧に磨きあげ

日本海の寒風にさらす村上伝統の製法で作られた
村上の風土が醸し出す名品。

早速いただいてみましたが、塩味が強すぎることもなく
ちょうどよい塩加減で鮭の風味も濃厚

上品な塩味と脂ののったぷりぷりの身が
ご飯との相性バツグンでやめられない止まらない

風邪をこじらせて食欲のなかった旦那さまが
おかわりをするほどの絶品塩引鮭でした

そしてこちらは「鮭のかほり漬」(2切)

旬の秋鮭をほんのり甘くやさしい味わいの
「うおや特製たれ」に漬け込んだ逸品。

こちらも脂がのっていて身がプリップリ

やさしい甘さが口の中にふんわり広がって
とっても美味しかったー

こちらもご飯がとまらなーい

骨がないからとっても食べやすいしクセもないので、
小さなお子さまからご年配の方まで
楽しんでいただけると思います

「鮭の焼漬」(2切)

生鮭を焼いたあと、すぐに「うおやの特製醤油」に
漬け込んだもの。

冷えても固くならない越後村上に伝わる
伝統の郷土料理だそうです

「鮭の味噌漬」(2切)

選りすぐりの天然秋鮭の切り身を
「うおや特製合わせ味噌」にじっくり漬け込んだもの。

程よい脂としっとりとした身、パリっと焼き上がった皮、
味噌の香ばしさが食欲をそそる逸品です。

「鮭の酒びたし」(40g)

塩引き鮭を約半年間、日本海の寒風にさらし乾し上げたものを
薄くスライスした村上地方に伝わる高級珍味。

お刺身のようにお皿に移し、
その上からお酒を少々かけていただくのだそうです

これはお酒と一緒にいただいたら最高だろうねー( ´艸`)

そして最後にご紹介するのは「鮭の醤油はらこ」(160g)

特に厳選した最上級の秋鮭の子を
「うおや特製醤油」とお酒で独自の味付けをした自慢の逸品。

はらこ飯にしようか、はたまた軍艦にして食べようか迷い中です(*´?`*)。o○

まだ塩引鮭とかほり漬しか食べていないので、
ほかの4種類はサイトの画像でお楽しみください

どれもとってもおいしそうーっ

(※画像はサイトよりお借りしたものです。)

「うおや」さんの鮭はお世辞抜きで本当に絶品です

旦那さまとふたりで完食するのはもったいなさすぎる

という訳で、これからいただく4種類は義実家に持参して皆でおいしくいただきたいと思います

お友達へのお中元やお歳暮にも
ぜひ利用させていただこうと思います

うおやさま、この度は美味しい鮭をありがとうございました

鮭のまち村上の鮭ものがたり6品Aセット(化粧箱入)

うおやさんから頂いていた鮭のまち村上の鮭ものがたり。

鮭ものがたり
鮭ものがたり(化粧箱入り6品Aセット)

この間は朝ごはんに食べました音譜 ?この日の朝食べたのは、鮭の味噌漬

ごめん(笑)

待ちきれなくて写真撮る前に箸でさしてしまいました(笑) 私、これが一番好きかも~ラブラブ ?元々美味しいお魚なので、そのままでももちろん、美味しいんだけど 、これは、鮭のうまみの中にしっかりと味噌の味が入ってるグッド!

もちろん味付きなので、何も付けなくても美味しいべーっだ!

これだけでご飯2杯イケますよ!朝から(笑)

うおやさんの鮭。

どれを食べてもハズレがないのが安心して食べられます♪

鮭のまち村上の鮭ものがたり 【越後村上うおや】

創業200年の老舗の味「鮭の味噌漬」「鮭のかほり漬」

先日、モニタープラザ×越後村上うおやさんのモニタープレゼントで送って頂いた、
「鮭のまち村上の鮭ものがたり 【越後村上うおや】」のレポート第二弾です
先回の記事では、「醤油はらこ」 をレポしましたが、その続きとなる今回は・・
【鮭の味噌漬】 選りすぐりの天然の秋鮭の切り身を素材にうおや特製合わせ味噌にじっくり漬け込み、
ひとつひとつ心を込めて作り上げました
程よい脂で身はしっとりパリっと焼き上がった皮がまた美味味噌の香ばしさが食をそそります

鮭の味噌漬
パリっと焼き上がった皮がまた美味

【鮭のかほり漬】 旬の秋鮭をうおやの特製たれに漬け込みましたゆずの香りがほんのり甘く、
上品で味わい豊かな商品です(紹介文より)
この2品をいただきました~
まずは以前から食べてみたかった「鮭の味噌漬」
鮭の皮の銀色っぽい感じがきれいです
合わせ味噌の香りが口の中に広がり、鮭の身もしっとりしていました
しっかり漬け込まれている感じで、ご飯の友には最高でしたご飯だけでなく、
お酒のおつまみにもいいお味ではないかと思います
続いては、鮭のかほり漬です味噌漬は食べたりしたことがあっても、
その他の味付けで漬け込まれたものは初めてでした
一口食べると、ゆずの香りが広がり、味噌漬の濃厚さに比べるとあっさりとしていて、上品な味わいでした

鮭のかほり漬
鮭のかほり漬、最上級の秋鮭使用

一緒に食べていた家族も、「料亭の味って感じだね」と言っておりました
さすが創業200年の老舗の味だぁ~と、納得しました
普段味わえないような鮭の逸品が味わえて、嬉しかったです
越後村上うおやさん、ありがとうございました

美味でございまするぅ~鮭のまち村上の鮭ものがたり

美味でございまするぅ~♪♪  ?先日モニタープラザさんで応募した越後村上うおやさんの 「鮭のまち村上の鮭ものがたり 【越後村上うおや】」が見事当選しました。

塩引き鮭
村上名産
鮭の味噌漬
パリっと焼き上がった皮がまた美味

 

左が塩引鮭で、右が鮭の味噌漬 どちらもとっても美味しく、娘はご飯がどれだけでも食べられちゃう♪と大喜び。 ?味噌漬は初めて食べましたが、味噌の風味がしっかりしているのに辛くなく、とっても美味しかったです。 そして、娘が悩んでいた皮を食べるか食べないかは今回娘は皮を食べませんでした。 ?今度、皮だけを集めてカリカリに揚げたら食べるかな?

いくら醤油漬
ご飯との相性抜群で至福の時が訪れます

↑鮭の醤油はらこ

ご飯の上にご飯が見えなくなるほどはらこを乗せた娘はあまりの美味しさにご飯おかわりしちゃいました。 このはらこの輝きは娘にとっては宝石に見えたようです。

これから1つ1つ化粧箱に入って高級感も美味しさも抜群なのでお歳暮等に是非使ってみたいと思った「鮭ものがたり」(5500円)でした。

驚くほど美味しくて醤油のほのかに甘い香り

モニプラ☆越後村上うおや 鮭の味噌漬 当選!
モニプラさんより、越後村上うおやさんの
鮭の味噌漬(4切)&鮭の醤油はらこ(160g)を頂きました
届いた内容はコチラ
おまけのはらこ、募集時に書いてあったの見落としてたのでビックリ!
この写真では底の深さが分かりませんね160gたっぷり入ってました
これが驚くほど美味しくて醤油のほのかに甘い香りもして
私、お寿司屋さんに行ってもイクラは絶対頼まないし、嫌いではないけど
好きでもなく、進んで食べることはありませんが、これは違います!
コレだけでお腹いっぱい食べたいくらいプチプチッて食感が最高っ
そして鮭の味噌漬け、味噌を洗い流して焼きますこれも超美味しい
味がしっかりしてて、ご飯がすすみます~

鮭の醤油はらこ(いくら醤油漬)
鮭の醤油はらこ(いくら醤油漬)

もうね、本気で、本当に、どちらも美味しかった(≧∀≦)
夫も「どうしたん?コレすごい美味しいやん!!」って
越後村上の鮭は全国的に有名で歴史は古く、平安時代には遠く京都の
王朝貴族に献上されていたそうです
その鮭のまち村上で創業二百年のうおやさん、厳選した素材を
特製味噌にじっくり漬け込み、ひとつひとつ心をこめて造りあげられた
老舗の味「鮭の味噌漬」です美味しいハズですね!!
貧乏主婦の感覚からすると、実はちょっとお高いのですけど・・・、
これは食べる価値有り!と思いました
モニプラさん、越後村上うおやさん、美味しい鮭の味噌漬&はらこを
ありがとうございました

今日の夕食は『鮭の味噌漬』『イクラ醤油漬け』

☆今日の夕食は『鮭の味噌漬』( ^)o(^ )? ?
味噌漬け大好きな我が家に、
モニプラさん&越後村上うおやさんから豪華セットが届きました??♪
高級そうな箱の中身は???
わお???!!

鮭の味噌漬
パリっと焼き上がった皮がまた美味

”’味噌漬け”’だけでなくて、おまけの”’『イクラしょうゆ漬け』”’まで???\(◎o◎)/!
ブロ友のKAZUちゃんの記事の
『手作りイクラしょうゆ漬け』に釘付けになっていた私
手作りはできなかったけど
こんな風に出会えてハッピー(^_^)です
早速鮭を焼こうと、袋を開けてみると
お味噌のいい香りがぷ??????ん♪
とっても深い色の美味しそうなお味噌です
ここで”’『あっ!!そうや!!味噌は洗うの????』”’
の疑問が再び沸きあがり、説明書を取り出してみると
”’『味噌は軽く洗い流してください』”’
とのことでした?
ひとつ、疑問が解けた?
でも、軽くって難しいかも((+_+))
キッチンペーパーで拭き取ってもOKだよね!!
焼き上がりはこんな感じ???
身がふっくらしてるんですよ??(●^o^
●)
やっぱり、素材がいいと、
味噌漬けってなんとも深くて、品のよい味わいになるんだよね!!
サイコ????です♪
そして、イクラ命!!!!の息子
ガツガツしすぎ????(;一_一)

いくら醤油漬
鮭の醤油はらこ(イクラ醤油漬)

”’『このイクラ、ひとりで全部食べられるで!!』”’やって
ひとりで食べなくていいですから(–)
でも、たしかにこのイクラ漬け
臭みがいっさいなくて、しかも、塩分がかなり控えめ
イクラの味がわかるの
このあたりで食べるものは、塩っ辛いものが多いんですよね(>_<
これなら息子がいっぱい食べてもちょっと安心かな♪
”’『越後村上うおや』”’さんのお魚、他にも食べてみたくなりました?♪

この美味しさを両親に伝えたい!鮭の味噌漬&鮭の醤油はらこ(いくら醤油漬)

鮭の味噌漬け
鮭の味噌漬け

応募していた【越後村上うおや】鮭の味噌漬&鮭の醤油はらこ(160g)モニター当選しました!
ではでは、ここで越後村上うおやさんの鮭のご紹介を
<城下町 村上 鮭ものがたり>
越後村上は、海・山・川の豊かな自然風土に恵まれた新潟県北の城下町です。
鮭のまちとしての歴史は古く、平安時代には遠く京都の王朝貴族に村上の鮭が献上
されていました。
越後村上うおやは、初代上村助五郎がこの地で酒の元売業を起こし、以来二百余年、
現在九代目を数えます。
代々受け継がれた技・味・心をこれからも大切にしていきます。
<パンフより>

いくら醤油漬(醤油はらこ)
いくら醤油漬(醤油はらこ)

応募の記事にも書いたのですが、鮭=北海道だけではなく、新潟でも美味しい鮭がとれて、
こんなに長い歴史をもつ由緒あるお店があるんですね!
応募当初は鮭の味噌漬(4切)モニターのみと思ってたので、鮭の醤油はらこ付きには
家でひとり小躍りしちゃいました.+:。(´∀`)゚.+:。ありがとう!
で、この2品を使わせていただきお祝いを・・・とこんなメニューにしてみましたw
①②はモニター品、③はお総菜を、④⑤はクックパッドのレシピで作りました。
まず、モニター品をいただいた感想はというと・・・ 極うまです。それ以上の言葉が見つかりません!
鮭もいくらも北海道の旅行でいただいたものと同じお味・美味しさでした★
そして思ったのが、この美味しさを両親に伝えたい! 前回いただいた梅干しと共にお歳暮の候補として
ノミネートです★
それから謝らないといけないことが・・・鮭の方、慌てていて説明書を見ず焼いてしまったため、
味噌を落とさず焼いちゃいました。すみません。2切残ってるので、次回は落として焼きます(。-人-。) ゴメンネ
④~⑥はこれまでの日記でもご紹介させていただいたものでどれも簡単! リンクを貼りますので
↓からどうぞ♪
今回のモニター品は我が家にとってとてもタイムリーな品、夫もとても喜んでいました。
越後村上うおやさん、モニターに選んで下さりありがとうございました!

鮭の味噌漬。こんな旨い鮭は避けて通れません。酒が進みます。

鮭の味噌漬

村上うおや様の鮭の味噌漬け(モニター5名)に当選しました。
クール便で鮭の味噌漬けといくら醤油漬けが送られてきました。
うおや様には重ね々々御礼申し上げます。
私はイクラは食べられなので、旦那様にモニターしてもらったら、全く皮の
嫌味が感じられないで、お口の中でとろけるそうです。
私は口の中でプチプチと潰れる食感が嫌なんですけど、このイクラは噛ま
なくても自然にとけるのでイクラでもいけると申しておりました。(笑)

いくら醤油漬
いくら醤油漬

■一方、鮭の味噌漬けは袋を開けたとたん、芳醇なお味噌の香りで旨さが伝わってきました。
遠火で焦がさないようにじっくり焼き上げていただきましたが、
脂が乗っていて身が柔らかく、これは鮭のとろです。
こんな旨い鮭は避けて通れません。酒が進みます。駄洒落も冴えます。(爆)
■お友達のくみこさんもモニターに当選して、あまりの美味しさに別注文した
という気持ちも解ります。
流石は鮭と武士の町、村上。いい仕事してます!
黙って食卓に出しましたら旦那様曰く
『おっ!これは美味じゃ!いずこの鮭じゃ?』
『村上の三面川で獲れた鮭にございます。』
食にはうるさい我が家の旦那様の舌をも唸らせた越後村上うおやさん
の鮭はほんに類稀なる美味でした。
それ以来、旦那様は『鮭は三面川に限る』が口癖でございまして、先日
将軍家にお目通りが適いました折、こう申したそうにございます。
『上様。越後の鮭は三面川が最たるものですが、江戸では何処の川が
宜しゅう御座いましょうか?』 (爆々)

鮭の味噌漬|NHK 食彩浪漫11月号新潟県まるごとグルメ紀行

鮭の味噌漬がNHK食彩浪漫で紹介されました
鮭の味噌漬がNHK食彩浪漫で紹介されました

NHK食彩浪漫11月号新潟県まるごとグルメ紀行で鮭の味噌漬が紹介されました

味噌の香りが食欲を
そそってうまいの、なんの

鮭の町村上の最高級秋鮭を素材に
越後味噌とみりんに漬け込んだ逸品。
程よい脂、しっとりとした身の食感が、
しっかりと舌に伝わってくる。
香ばしい味噌の衣に包まれて
何ともいえぬ味わい。

鮭の味噌漬|越後みそとミリン、日本酒が醸す生鮭のうまみ

味よし体によし鮭の味噌漬 |東京スポーツ お取り寄せ品評会

鮭の味噌漬
鮭の味噌漬しつとりした身の食感に、脂のノリも加わってうまいの、なんの

東京スポーツ お取り寄せ品評会で鮭の味噌漬が紹介されました
味よし体によし鮭の味噌漬

<本日の一品>
新潟県村上市といえば別名”サケの町″。
市内を流れる三面川のサケは、平安のころから都に献上されてきたという。
鮭が遡上する秋 から冬にかけていただく塩引き鮭もうまいが、
香ばしいみそ漬けも何ともいえぬ味わいがある。
生鮭の切り身を越後みそとミリンに漬け込んだ逸品。
創業200年を数える「うおや」からお居けする。
<鮭の歴史が違う村上のサケ>
雅子さまのご実家、小和田家の郷里として注目を集めた新潟県村上
市。淡麗辛口の代名詞みたいな”〆張鶴”の産地でもある。魚好きには何たってサケだろう。
市内を流れる三面川で取れるサケは、なんと平安のころより都に献上されてきたという。

江戸時代には村上藩の藩士によって全国で初めて鮭の人工ふ化
に成功しています。今も鮭ヘの思いは並々ならぬものがありますね。
鮭が遡上する秋から冬にかけては塩引き鮭に尽きますが、今の時期はみそ漬けがいちばん。
みその香りが食欲をそそるんです。とは製造元。

<程よい脂、身はしっとり>
200年を数える老舗・越後村上うおやから”鮭の味噌漬”を取り寄せた。
1パックに5切れ詰まってクール便で到着。
パンフレットには”味噌を軽く水で洗い流して中火以下で焼いてからどうぞ”とあったが、そのまま金網にのせる。
みそがチリチリと焦げるにおいに胃袋もキュンと鳴る。小ぶりながら厚みはしっかりある。
もう片面こんがり焼き上げ、大根おろしをたっぷり添えていただきま~す。

越後みそとミリン、日本酒が醸す生鮭のうまみ。
しつとりした身の食感に、脂のノリも加わってうまいの、なんの。
香ばしいみその衣に包まれた身は、塩分控えめだけに鮭そのものの味がしっかりと舌に伝わってくる。
炊きたてご飯との相性たるや、これ以上のものは無い。
パリっと焼き上がった皮がまた美味。